脳梗塞を発症させないように生活習慣を改める

脳の病気を勉強しましょう

頭を抱える女性

前兆を学ぶ

脳の病気にはいろんなものがあります。脳挫傷や脳ヘルニアなど様々です。ここでは脳梗塞という病気について解説します。脳梗塞とは脳の血管が何らかの原因で詰まってしまう病気です。血管が詰まるということは脳に栄養が行かず、脳に障害が残ってしまいます。脳は様々な働きをしています。体を動かしたり、臓器を働かせたり、物を見たり感じたりといったこと、これらすべて脳の働きによるものです。脳梗塞になるとこれらが阻害されてしまう可能性があるわけです。では脳梗塞の前兆にはどんなものがあるでしょうか。前兆を学ぶことで病院にすぐにかかることができ、予防も可能です。具体的な前兆といえば、急にめまいがして歩けなくなったり手に力が入りづらくなるなどです。

高血圧が関係します

高血圧の方の中には脳梗塞に関心がある方が多いです。なぜでしょうか。一般に脳梗塞になりやすい人には高血圧の人が多いといった事実があります。脳梗塞は脳の血管が詰まってしまうことによって発症する疾患です。血管の詰まり方は様々で、心臓などで作られる血の塊が脳まできて脳血管を詰まらせることがあります。この血の塊を血栓といいます。血栓は一般に高血圧の人に多いと考えられています。そのため高血圧を予防することが脳梗塞の予防になるのです。予防方法としては塩分を減らすことが重要です。日本人は昔から塩分の摂取量が多いといわれています。塩分を使わずに出汁や香辛料をうまく使う事で、食事の質を落とすことなく塩分を減らすことが可能です。