脳梗塞を発症させないように生活習慣を改める

生活習慣病と脳

看護師

急に片腕にしびれが出たら

生活習慣病により肥満などの状態が続くと様々な疾患につながることが知られています。その中に脳梗塞という疾患があります。脳梗塞は脳の中を走る血管が詰まってしまう事で脳に酸素や栄養が送られず脳がダメージを負ってしまう病気です。日本人の死因の中でも上位にくる疾患です。脳梗塞の機序は複数あります。脳の血管そのものが動脈硬化によって硬くなってしまい詰まってしまうタイプのものや、心臓などでできた血の塊(血栓といいます)が脳に運ばれて詰まることによっておこるものです。脳梗塞は早期に発見すれば治療がしやすい疾患です。注意すべき症状としては、急なしびれ、ろれつが回らない、物が重なって見えるなどです。これらの症状がある場合すぐに病院に行くことが大切です。

予防が大切

脳梗塞の治療において重要なことは早期発見と予防です。脳梗塞は一度発症してしまうと、短時間で治療しないかぎり、普通何かしらの後遺症が残ります。では脳梗塞はどの様に予防するのでしょうか。脳梗塞の原因は動脈硬化であったり、血がドロドロで詰まりやすい状態になってしまうことです。これらの回避が予防につながります。動脈硬化の原因は食生活にあります。脂肪分を多く含む食事には多くのコレステロールが入っており、これが動脈硬化に関与します。よって食生活を改善し脂肪分を減らすことが大切です。血のドロドロは水分摂取量が少ない場合におこりやすいです。高齢になると水分を摂取したがらない方が増えてきます。これは脳梗塞リスクを上昇させます。しっかり説明し水分をとることで予防につながります。

脳に異常がおこったら

看護師

脳梗塞は脳の血管が詰まる病気です。以前に比べて医学の進歩などで死亡率は低下していますが、何かあったときのために脳梗塞は予防をしておく必要があります。血液をドロドロにするタバコは控える、スポーツなどでの発汗はこまめな水分補給をするなど意識が大切です。

View Detail

脳の病気を勉強しましょう

頭を抱える女性

脳梗塞は前兆を知ることで予防が可能な疾患である。前兆には急に手に力が入らなくなったり、めまいがして歩けなくなったりといったものがある。脳梗塞の予防には高血圧の改善が必要である。塩分を抑えた食事にすることで高血圧を改善すべきである。

View Detail

脳の健康を考える

医者

脳梗塞は早期の治療が必要です。症状が出ているのに病院に行かない場合、その間も疾患は進行している可能性があります。脳梗塞は糖尿病や高血圧、高脂血症などの疾患がある人に起きやすいと言われています。これらの疾患を治療することで脳梗塞リスクを低下することが出来るはずです。

View Detail